蓄電池の容量はどのくらい?ご家庭用に必要な容量とは

2022/08/03

今回は蓄電池の容量についてお話をしていきます。

▼蓄電池の容量はどのくらいなのか
蓄電池と言っても様々な機種がありメーカーによっても容量も様々。
ご家庭用の蓄電池だと2kWh~16kWhまでがラインナップされています。
選ぶ際には必要に応じた容量のものを選ぶというのが大事になります。

▼どのシチュエーションでどのくらい使うのか
家庭用の蓄電池だと5kWh~7kWhが一般的と言われています。
家庭用の蓄電池は災害用に導入されることがほとんどでしょう。
余裕を持って10kWhという選択もありますが、安心感がある反面、費用が無駄にかかってしまうという可能性もあります。
家族の人数、使用する電力によって必要なWhが違ってきます。

■キッチン家電
中でも時間は短いものの大きな電力を使用するのが「電子レンジ」で1,500Wほど。
電子レンジ以外でも、冷蔵庫やケトル、さらにはIH調理をしているご家庭だとさらに電力が倍になる事もありますので注意が必要でしょう。

■エアコン
最も大きな電力を使うのは「冬の暖房」です。
容量は800W。
夏の冷房も600W以上となります。
しかし、季節によっては災害時のエアコンは必ず必要になるものです。

■その他家電
テレビや照明、洗濯機など生活に必要な電力は100W~700Wと幅広くあります。
最低限必要なものを確認しておきましょう。

▼まとめ
ご家庭用に蓄電池を検討している場合であれば、それぞれのご家庭でどのくらいの電力を必要としているのかを細かく計算しておく必要があるかもしれません。
弊社でも可能な限り助言、必要に応じたご提案をさせて頂くことも出来ます。