家庭に蓄電池を導入するメリットとは

2022/06/01

災害による停電に備えたりエコの観点などから近年、家庭用の蓄電池を導入する家庭が増えています。
蓄電池には一体、どのようなメリットがあるのでしょうか。
詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼蓄電池のメリット
蓄電池を家庭に導入すると、以下のようなメリットがあります。
・被災時の非常電源になる
・電気を効率良く使える
・電気自動車にも利用可能
蓄電池の導入理由は、以前は太陽光パネルで発電した電気をためたり、電気自動車に利用するという方が多数派でした。
しかし近年は災害の増加に伴い、「被災時の非常電源」を目的としてお求めになる方がとても増えています。
普段使いだけでなく被災時にも役立つ機器というのは他にあまりないですので、かなり大きな利点と言えるでしょう。

■デメリットは?
大変便利な蓄電池にも、いくつかデメリットがあります。
・使用量に限界がある
・定期メンテナンスが必要
・置き場所の問題
これらはどのような機械を導入する場合でも避けられない要素ではありますが、こうしたマイナスもあるということは一応念頭に置いておいてください。
その上で蓄電池の導入をお考えの方は、一度販売業者にご相談いただくと良いでしょう。
株式会社サンエナジーでも蓄電池や太陽光発電設備の販売や設置を行っており、それぞれにどのようなメリットやデメリットがあるのかをご説明させていただきます。
ぜひご納得いただけるまでご質問ください。

▼まとめ
台風や地震による災害は、いつどこで起きるかわかりません。
万が一に備えての備蓄と一緒に、ぜひ蓄電池の導入も検討してみてはいかがでしょうか。