空調設備の種類とは

2022/04/01

「空調設備」と聞いて思い浮かべる形は、人それぞれ違うと思います。
家庭用のエアコンだったり、会社の天井に埋め込まれたタイプだったりと、空調設備には色々な種類があるんですよ。
今回は空調設備の種類についてのお話です。
設置の際はぜひ参考にしてください。

▼空調設備の種類
空調設備には、主に以下のような種類があります。
・個別空調
・セントラル空調
・天井埋め込みカセット形
・ダクト形
・天井吊形、壁掛形
・床置形

家庭でよく使われるのは「天井吊形」もしくは「壁掛形」など小型のタイプです。
商業施設など大型の建物の温度調節を一気に行う場合は小さい空調設備では間に合いませんので、中央の制御室で温度管理ができる「セントラル空調」のシステムがよく利用されます。
テナントやオフィスが入ったビルなどでは、「個別空調」や「天井埋め込みカセット形」のように各フロアで調節できるタイプが良いでしょう。

■どの種類の空調設備が良いか迷ったら?
住まいやオフィス、各種施設に空調設備の導入をお考えの方は、空調設備のタイプや機種を決める前に一度業者にご相談ください。
先にお決めになってしまうと、施工の段階になってその建物にはふさわしくない機種であることが判明する場合もあり、もう一度発注する手間がかかってしまいます。
事前にご相談いただけば、利用環境を見て最も良い空調設備の種類や機種をご提案することができますので、最初から最適な機種を選ぶことができるでしょう。
株式会社サンエナジーでも、空調設備のご提案から販売、施工までを全て承っています。

▼まとめ
空調設備は、建物に合った種類の設備を導入しないと十分な快適さを保てません。
ただの空調設備だと思わずに、ぜひしっかり検討して決めていってくださいね。