太陽光発電と蓄電池の相性について

2022/01/15

「太陽光発電と蓄電池は併用するべき」ということを耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。
たしかに太陽光発電と蓄電池を併用するのは経済的かつ効率的です。
ですが、どの種類でも相性は良いのでしょうか?
そこで今回は、太陽光発電と蓄電池の相性について解説していきます。

▼太陽光発電と蓄電池の相性
結論から言うと、太陽光発電と蓄電池の相性は抜群です。
しかし、太陽光パネルや蓄電池にはさまざまな種類があるので、相性があまり良くない組合せもあります。
太陽光発電と蓄電システムを同時に設置する場合は、業者が最適な組み合わせを提案してくれますが、別々で設置する場合はしっかり業者に下見をしてもらって問題がないか確認してもらう必要があります。

▼太陽光発電と蓄電池を併用するメリット
太陽光発電と蓄電池を併用するメリットは、売電量が減るということです。
太陽光発電は太陽光で発電しているので、天気が悪い日や夜間は発電できません。
そのため、発電した電気がなくなったら電力会社から電気を買わなければなりません。
しかし、蓄電池があれば余分に電力を貯めておけるので、電力会社からの売電量を減らすことができます。
また、蓄電池は非常時の予備電源として使うことができるので、災害時や停電時に便利です。

▼まとめ
太陽光発電と蓄電池は相性が良いので、併用するのがおすすめです。
しかし、別々で設置する場合は注意が必要なので、必ず業者に下見をしてもらいましょう。
弊社では太陽光発電の施工・販売を行っているので、気軽にご相談ください。