太陽光発電パネルの耐用年数はどれくらい?詳しく解説

2021/09/22

太陽光発電パネルの導入を考えていて、気になるのポイントの1つが耐用年数ではないでしょうか。
どれくらい長持ちするのは、導入を決めるうえで重要なことですよね。
そこで今回は、太陽光発電パネルの耐用年数について詳しくご紹介します。

▼太陽光発電パネルの寿命
太陽光発電パネルの寿命は、約20〜30年です。
多くのメーカーは、出力保証期間を25年に設定しているため、寿命は20年〜30年といわれています。
ちなみに珍しいケースですが、30年以上稼働している太陽光発電パネルもあります。

▼太陽光発電パネルの耐用年数
太陽光発電パネルの耐用年数は、およそ17年といわれています。
耐用年数はあくまで目安なので、必ずしも17年間の耐用を保証するものではありません。

▼太陽光発電パネルの劣化について
太陽光発電パネルは使い続けていると、だんだんと劣化していきます。
その中でも特に劣化しやすいのが配線です。
配線は、汚れ、変形、腐食、剥離、断線などが原因で劣化してしまい、出力性能の低下に繋がります。

ちなみにメーカーによっては、発電量シミュレーションに経年劣化を考慮しているものとしていないものがあります。
そのため太陽光発電パネルを選ぶ際は、経年劣化を考慮しているかしていないかを知って選ぶようにしましょう。

▼まとめ
今回は、太陽光発電パネルの耐用年数についてご紹介しました。
寿命は約20年〜30年で、耐用年数は17年です。
ただ年数ピッタリではなく、あくまで目安なので1つの基準として知っておきましょう。