太陽光発電で使えるローンについて解説

2021/09/15

太陽光発電はソーラーローンと呼ばれるローンが使えます。
では、ソーラーローンとはどのようなものなのでしょうか?
そこで今回は、太陽光発電で使えるローンについて解説します。

▼ソーラーローンとは
ソーラーローンは、太陽光発電を導入する際に受けられる融資です。
太陽光発電を導入するためには、最低でも100万円以上はします。
費用が高額なためローンが使えたほうが、導入のハードルを下げられるのです。

ソーラーローンの融資をおこなっている機関は、日本政策金融公庫、信販会社、銀行などがあります。
信販会社とは、商品またはサービスの代金の立替をしてくれて、後から代金を支払うサービスを提供しています。

▼ソーラーローンのメリットについて
ソーラーローンの金利は比較的低めに設定されています。
また、返済期間が長期に設定することも可能なので、費用面で導入が難しい場合でもハードルを下げることができます。

▼ソーラーローンの審査について
ソーラーローンの審査は、個人に比べて法人のほうが通りやすいです。
個人の場合、銀行だと審査が通りにくい傾向があり、信販会社だと比較的通りやすいです。
また、信販会社は申請の手続きなどのサポートや代行をおこなってくれるので、導入が簡単にできますよ。

▼まとめ
今回は、太陽光発電で使えるローンについて解説しました。
太陽光発電の設備の導入は、どうしても費用がかかるものです。
しかし、太陽光発電で適用されるローンであるソーラーローンを利用すれば、導入のハードルを下げられるので、検討している方はぜひ利用を考えてみてくださいね。