太陽光パネルと単位を表すキロワットについて解説

2021/09/01

太陽光パネルは太陽光発電に欠かせません。
設置した太陽光パネルで発電し、エネルギーとして活用します。
そこで今回は、太陽光パネルと単位を表すキロワットについて解説します。

▼太陽光パネルについて
太陽光パネルは1枚だけだと十分に発電できません。
そのため何枚ものパネルを屋根などに設置する必要があります。
パネルの数は多いほど、その分発電量も増えます。

また、太陽光パネルの枚数によって、kWの単位で表す容量が変わります。
容量が10kW未満であれば「住宅用太陽光発電」で、10kW以上だと「産業用太陽光発電」になります。
住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電は、1kWhの売電価格と固定価格買取制度の売電期間が変わります。

▼単位を表す「キロワット」について
太陽光発電の発電量の単位は、「キロワット」と呼ばれます。
また、「キロワットアワー」と呼ばれる単位もあります。

■キロワット
キロワットは「kW」と表し、太陽光パネルの瞬間的に出る発電能力を意味します。
しかし、実際に出る発電量はキロワットアワーで「kWh」で表します。

■キロワットアワー
キロアットアワーは「kWh」と表し、太陽光発電が1時間あたりにどれくらい発電できるかを意味します。
例えば、6kW出る太陽光発電を1時間発電させると、6kWhの発電を出すことが可能です。

▼まとめ
今回は、太陽光パネルと単位を表すキロワットについて解説しました。
太陽光発電の導入を検討している方は、知識としてぜひ知っておいてくださいね。

また当社は、群馬県を拠点に太陽光発電の施工をおこなっています。
ご興味ある方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。