太陽光発電設備には固定資産税が掛かる?

2021/08/28

「太陽光発電設備に固定資産税が掛かると聞いたが本当だろうか」と不安に感じていませんか。
もし固定資産税が掛かるなら、事前に把握しておきたいですよね。
そこで太陽光発電設備に掛かる固定資産税について簡単に紹介しますので、ぜひ内容をご覧ください。

▼太陽光発電設備には固定資産税が掛かる?
住宅用の太陽光発電設備であれば、固定資産税が掛からない可能性があります。
太陽光発電設備に固定資産税が掛かるのは、以下のようなケースです。

・店舗兼住宅などで産業用だと判断された場合
・取り外しが出来ない、屋根と一体型の太陽光発電設備を取り付けた場合

ただし、太陽光発電設備には、税制上の優遇措置が設けられています。
3年分の固定資産税は、標準課税額が3分の2に減額されるのです。
期間に限りがあるとはいえ、減額は活用したいですよね。
なお減額を受けるためには、市区町村に申請書の提出が必要となります。

「優遇措置はあるものの固定資産税が掛かるのは避けたい」と考える方も多いでしょう。
そんな時は、まず業者に相談してみてくださいね。

▼まとめ
状況によっては太陽光発電設備にも固定資産税が掛かりますが、税制上の優遇措置もあります。
まずは固定資産税が掛かるかどうか、業者に相談してみることをおすすめします。
群馬県で太陽光発電設備についてのお悩みがありましたら、「株式会社サンエナジー」が承ります。
設置・メンテナンスなどをお考えでしたら、お気軽に弊社までご相談ください。