太陽光の架台とは、どういう意味?

2021/08/25

「太陽光の架台とは、どういう意味だろう」とお考えではありませんか。
聞き慣れない言葉だと感じる方もいらっしゃいますよね。
そこで太陽光発電の「架台」とはどんなものなのか、分かりやすく紹介します。
これから太陽光発電の導入を考えているなら、ぜひ参考の1つとしてお役立てください。

▼太陽光発電の架台とは?
「架台」とは、太陽光モジュールを乗せている台のことです。
太陽光モジュールを置く場所は、屋根・屋上・遊休地・カーポートなど様々ですよね。
設置場所・設置条件・モジュールのサイズによって、適切な架台を選ばなくてはなりません。

架台の種類もいろいろあります。
架台の中には、これまでは施工が難しかった傾斜地に対応しているものもあります。

「どんな架台を選んだら良いか分からない」と感じるかもしれませんが、心配はいりません。
なぜなら太陽光発電を導入する時には、業者が条件に合った架台を提案してくれるためです。
まずは信頼出来る業者を選んで、太陽光発電について1度相談してみてくださいね。

▼まとめ
架台の種類が多くなったことにより、以前よりも設置できる場所の選択肢が多くなっています。
太陽光発電の架台にはいろいろありますが、業者が条件にあったものを提案してくれますよ。
群馬県で太陽光発電の導入をお考えでしたら、ぜひ実績の多い「株式会社サンエナジー」にお問い合わせください。
定期的なメンテナンスにも対応おりますので、安心してお任せいただくことが可能です。