太陽光発電にはメンテンナンスが必要なの?

2021/08/17

「太陽光発電にはメンテナンスが必要なのだろうか」という疑問をお持ちではありませんか。
これから太陽光発電を導入したいと考えているなら、メンテナンスについても知っておきたいですよね。
そこで太陽光発電のメンテナンスについて分かりやすく紹介しますので、ぜひご覧ください。

▼太陽光発電にはメンテンナンスが必要
発電効率を維持するためには、太陽光発電にもメンテナンスが必要です。
太陽光発電は、法定耐用年数は17年とされています。
長寿命と言われているものの、絶対に故障しないというわけではありません。
鳥の糞・ごみ・ほこりなどが表面に付着すると、発電効率は下がります。
もちろん小さなごみは雨で流れる可能性もあるため、それほど心配はいらないでしょう。
しかし設備が故障していないかの確認は必要です。

50kW未満の太陽光発電設備であれば、自主点検を行えば良いというルールになっています。
しかし発電効率を維持して安全に使うためにも、定期的なメンテンナンスを検討してみてくださいね。

▼まとめ
太陽光発電に限らず、どんな設備も、長く使っていれば故障などの可能性は考えられるものですよね。
ぜひメンテナンスを行って、太陽光発電の発電効率を維持しつつ安全に使いましょう。
群馬県で太陽光発電のメンテナンスをお考えでしたら、多数の実績を誇る「株式会社サンエナジー」が承ります。
またオール電化設備の施工・販売などについても行っておりますので、お気軽にご相談ください。