太陽光発電による売電は11年目以降どうなるの?

2021/08/13

「太陽光発電による売電は11年目以降どうなるのだろう」という疑問をお持ちではありませんか。
固定価格での売電は10年で終わるため、どうしたら良いか分からないという方もいらっしゃいますよね。
そこで11年目以降の仕組みについて簡単に紹介しますので、参考にお役立てください。

▼売電は11年目以降どうなるの?
余剰電力を10年間固定価格で売電出来るのが「余剰電力買取制度」です。
11年目以降の対策としては以下の3つが考えられます。

・電力会社と売電契約を締結する
・電力は自家消費する
・蓄電池を使って余剰電力を蓄えて夜に使用する

価格は下がってしまいますが、電力会社と売買契約を締結すれば引き続き売電は可能です。
引き続き、太陽光発電による電力を自家消費することも出来ます。
さらに11年目からは蓄電池を導入して余剰電力を蓄えて置き、太陽の出ていない夜に使うことも可能です。
これから太陽光発電を導入しようと考えているなら11年目以降についても検討しておきましょう。
太陽光発電を取り扱う業者に相談すると、どうすべきか的確なアドバイスを受けることも可能です。

▼まとめ
固定価格での売電は出来なくなるものの、売電自体は可能ですので、検討してみてください。
蓄電池を導入して自家消費するのもおすすめの方法です。
群馬県で太陽光発電の導入をお考えでしたら、知識と実績が豊富な「株式会社サンエナジー」が承ります。
ご不明な点がございましたら、遠慮なく弊社までご相談ください。