太陽光発電による売電の手続きについて

2021/08/09

「太陽光発電は導入したら自動的に売電が可能なのだろうか」とお考えではありませんか。
面倒な手間を掛けずに売電出来たら、とても楽ですよね。
しかし実際には、売電をするなら手続きをしなくてはなりません。
ここでは太陽光発電での売電について簡単に紹介しますので、ぜひご覧ください。

▼太陽光発電による売電は手続きが必要
太陽光発電システムを導入して余剰電力を売電するためには、手続きが必要です。
必要となる手続きと申請先は以下の通りです。

・事業計画認定申請……経済産業省に申請する
・系統連系申請……電力会社に申請する

また容量によっては、売電開始後の定期報告が義務付けられていますので注意してください。
申請にあたっては書類が複数必要となりますので、もれなく用意しましょう。
さらに太陽光発電導入時に自治体による補助金を考えているなら、別途補助金の申請も必要になります。
太陽光発電の業者は必要な手続や書類などを把握していますので、導入を考えているなら相談してみましょう。

▼まとめ
太陽光発電での売電を考えているのなら、まずは業者に相談してみることをおすすめします。
知識が豊富な業者に相談すれば、必要な書類や手続きなどのタイミングを的確にアドバイスしてもらえますよ。
群馬県で太陽光発電システムを導入するなら、手厚いサポートを行う「株式会社サンエナジー」にお問い合わせください。
弊社ではメンテナンスにも対応しておりますので、長く安心してお使いいただけます。