太陽光発電の発電効率について

2021/08/01

「太陽光発電の発電効率はどのくらいだろう」と気にしている方はいらっしゃいませんか。
太陽光発電を導入するなら、やはり発電効率は気になるところですよね。
そこで太陽光発電の発電効率について簡単に紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

▼太陽光発電の発電効率
太陽光発電の発電効率は、最大で20パーセントほどとなります。
発電量が多い時期は冬や春先で、夏は発電量が悪いのが特徴です。
日差しが強い夏は発電効率が良いようにも思えますが、実際は違います。
なぜなら、陽光発電を効率を測る基準となる温度が25度だからです。
そのため夏に発電効率が下がるという仕組みにとなります。
25度以上なら発電効率は下がり、25度以下なら上がるのが一般的です。

発電効率を上げるためには、パネルの向きや角度も非常に大切となります。
太陽光パネルは南向きで、傾斜角30度が良いとされています。
太陽光発電導入の際には業者に相談をして、ベストな角度で設置してくださいね。

▼まとめ
これから太陽光発電を導入するのなら、効率良く発電する方法を把握しておきたいものですよね。
そこで発電効率に関わる温度や角度については、導入前に把握しておくことをおすすめします。
群馬で太陽光発電をお考えでしたら、実績が多く丁寧なサポートに定評がある「株式会社サンエナジー」までお問い合わせください。
さまざまなメーカーの太陽光発電システムを取り扱っておりますので、ベストな提案が可能です。