太陽光発電導入の流れについて

2021/07/28

「太陽光発電を導入するにあたりどんな流れか知りたい」とお考えではありませんか。
導入するなら、なるべく事前に流れを把握しておき、スムーズに進めたいですよね。
そこで太陽光発電導入の流れを簡単に紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

▼太陽光発電導入の流れ
一般的な太陽光発電導入の流れは、以下の通りとなっています。

・計画を立ててシミュレーションする
・業者を選んで見積もりを取る
・プランを決める
・補助金を申請する
・経済産業省の資源エネルギー庁に事業計画認定の申請をする
・設置工事をする
・電力需給契約を締結する

まず計画を立てたら業者に見積もりを取る必要があります。
実際の具体的な流れについては業者から説明されるので、心配いりません。
分からないことがあれば、見積もりを取る段階で確認しておくと安心です。
なお太陽光発電は、計画から運転開始までは数か月かかることがあります。
そのため太陽光発電の導入を考えているなら、早めに業者へと相談しましょう。

▼まとめ
周囲に太陽光発電を導入している方がいなければ、どこに相談したら良いか分からないと感じてしまいますよね。
そんな時は、地域に密着した、導入実績の多い業者に相談してみることをおすすめします。
群馬の「株式会社サンエナジー」では、個人・法人のお客様を対象に、太陽光発電の施工・販売を行っております。
オール電化設備の施工や蓄電池の設置も一括して対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。