太陽光発電投資のメリットとデメリットについて

2021/07/09

太陽光発電投資にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
詳しく解説していきます。

▼太陽光発電投資はなぜ利益が生まれるの?
太陽光発電投資は土地や屋根に太陽光パネルを設置し、発電した電気を売ることで利益が発生する仕組みです。
環境に優しいことはもちろん、固定買取価格制度(FIT)ができたことで参入する人が増えました。
ちなみに固定買取価格制度とは、国が決めた価格で電力会社などが電力を一定期間買い取るというものです。

▼太陽光発電投資のメリットデメリット
メリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

■メリット
メリットとしては、
・リスクが低い
・管理が楽
・見通しが立てやすい
・利回りが10%前後
・長期間利益を生み出せる
などがあります。

特に固定買取価格制度を利用することで、安定した収入が得られる点は大きいと言えるでしょう。
また不動産投資のように空き家や家賃滞納といったリスクがないのも安心できるところです。

■デメリット
デメリットとしては、
・初期導入費用がかかる
・メンテナンス費用がかかる
・盗難対策が必要
・天候の影響を受ける
・出力抑制対象エリアがある
などがあります。

太陽の光エネルギーを使った発電のため、天候によって発電量が変わることは避けられません。
とはいえ雨の日でも雲が分厚くなければ発電することができるため、そこまで大きな影響が出ることは少ないと言えます。

▼まとめ
太陽光発電の投資にはメリットもデメリットも存在しています。
どちらもきちんと理解した上で検討を進めることが大切になるでしょう。