太陽光発電のメリットとは?

2021/07/17

太陽光発電にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
詳しく解説してきます。

▼太陽光発電のメリット
太陽光発電には主に4つのメリットがあります。

■電気代を削減できる
太陽光発電によって普段使っている電気をまかなえるため、電気会社から購入する電気の量を減らせます。
そのため直接的に電気代を削減することが可能です。
また蓄電池の併用でより節電効果を高めることができます。

■売電ができる
日中に電気を使わないご家庭では、発電した電気が余ってしまうということもあるでしょう。
その場合、余った電気は電力会社に売ることができます。
電気を無駄にせず、収入にも繋がるのは太陽光発電ならではです。

■災害時に役立つ
太陽光発電があれば停電時でも電気を使えます。
台風や地震などで突然の停電を経験したことがある方もいるかと思います。
電気を使えないと、不便なだけでなく不安も大きくなりますよね。
災害が多いと言われる日本だからこそ、もしもの時の備えとしても太陽光発電が役立ちます。

■断熱効果がある
太陽光発電を屋根に設置すると、その下の部屋は夏は涼しく、冬は暖かくなると言われています。
それは太陽光発電パネルに断熱効果があるからです。
夏であれば直射日光を遮り、冬であれば放熱を抑えてくれます。
その結果冷暖房の使用率を下げることができ、さらなる節電に繋がります。

▼まとめ
太陽光発電には節電以外にも、売電や災害時における電気の使用、断熱効果などのメリットがあります。
普段の生活に太陽光発電をどう活用していきたいのかを考えながら、導入を検討してみると良いでしょう。