太陽光発電ってどんな仕組みなの?

2021/07/09

太陽光発電とはどのような仕組みで電気を生み出しているのでしょうか。
詳しく解説していきます。

▼太陽光発電とは?
太陽光発電とは、太陽の光を電力に変換する発電方式のことです。
太陽の光という再生可能な自然のエネルギーを使うため、環境に優しい発電として注目が集まっています。
もともとは宇宙開発のために使われたものでしたが、技術が進み今では企業や一般家庭でも取り入れられるようになっています。

▼太陽光発電の仕組み
太陽光発電は太陽の光エネルギーを太陽電池に当てることで起こる「光電効果」や「光起電力効果」と呼ばれる仕組みによって発電しています。
太陽電池はN型シリコン半導体とP型シリコン半導体を重ね合わせて作られたものです。
この半導体に太陽の光が当たると電子が動き、電気が発生するようになっています。
そして電極を電線で繋ぐことで電流が流れます。
太陽の光を当て続ければ、止まることなくずっと発電し続けるのもポイントです。

▼ソーラーパネルについて
ソーラーパネルとは太陽電池を複数繋げたものになります。
太陽電池を作る一番小さな基本単位は「セル」で、セルを板状に繋げたものを「モジュール」や「アレイ」と呼びます。
セルでは発電できる電力量が少ないため、一般的にはモジュール単位で屋根に載せられることが多いです。

▼まとめ
太陽光発電は太陽の光エネルギーを太陽電池に当てることで起こる「光電効果」を利用して電力を得る仕組みです。
自然の力を利用した発電でもあるため、環境面からも今後さらに様々なところへの導入が進んでいくことが期待できます。