太陽光発電に欠かせない太陽光パネルの種類や耐久年数ついて

2021/07/05

「太陽光発電をしよう!」と思ったら太陽光パネルの設置は欠かせないものです。
今回は、太陽光パネルの種類や耐久年数などについてご紹介します。

▼太陽光パネルの種類
太陽光パネルを見てみるとどれも同じものに見えるかもしれませんが、太陽光パネルには種類があります。
種類は大きく分けるとシリコン系、化合物系、有機物系の3種類で、そこからさらに複数の種類に分けることも可能です。
素材によって特徴が異なるため、設置する目的や要望に合った太陽光パネルを選ぶことが大切になります。

▼太陽光パネルの耐久年数
税制で定められている耐久年数は17年です。
あくまで税制の上で価値がある年数のことなので、17年を過ぎても問題なく使えることもあります。

また一般的な太陽光パネルの耐久年数は20~30年と言われています。
しかし、使用している年数が長くなるにつれて、発電効率が下がったり、故障したりしやすくなるので定期的なメンテナンスが重要です。

▼まとめ
今回は、太陽光パネルの種類と耐久年数について解説しました。
自分たちの目的に合った太陽光パネルを選び、定期的なメンテナンスを怠らないようにしたいですね。

またサンエナジーは、群馬県で太陽光発電やオール電化、空調設備などの施工を行っております。
ご相談から施工メンテナンスまで当社が丁寧に行いますので、安心してお任せください。
正社員の募集も行っておりますので、電気工事の資格をお持ちの方や経験がある方は、ぜひご相談ください。